インプラント 矯正歯科 ホワイトニング ドックベストセメント 新田歯科医院 歯医者 山形


矯正歯科
インビザライン
インプラント ホワイトニング ドックベストセメント 審美歯科 歯周病専門治療 アンチエイジング治療

歯周病専門治療

出血が止まる?口臭がなくなる?歯周病が治る!?
歯周病根絶のための驚異の治療法とは・・・
※歯周病は成人の8割が感染していると言われ、生命を脅かす疾患の原因となりうる恐ろしい病気です!

歯周疾患の程度

歯肉炎 歯肉炎
炎症が歯肉だけに限られ、歯を支える骨は正常で歯を磨いた時に時々出血します。
この状態を「歯肉炎」と呼びます。
生活習慣の改善、歯石除去、ブラッシングなどで健康な状態に戻ります。
初期歯周病 初期歯周病
歯肉が腫れにとどまらず、歯を支える骨が吸収し始め、歯を磨いたり、りんごを咬んだりした時、血が出ることがあります。
生活習慣の改善、歯石除去、ブラッシングなど、その他、歯周病処置で進行を防ぐ事が出来ます。
中等度歯周病 中等度歯周病
ここまで炎症が進行すると歯肉はさらに腫れ、ポケットが深くなり歯石が深い部分までついてしまいます。
歯を支える骨の吸収が進んできます。
歯石除去はもちろんのこと、歯周病専門治療が必要で、それにより、進行を遅らせることが出来ます。
重度歯周病 重度歯周病
炎症がさらに進むと歯周ポケットがより深くなり、ほとんど骨は吸収してしまい、動揺が激しくなります。
歯根も大きく露出し、虫歯のリスクも高まり、痛み・膿が出たりします。
専門的治療が必要不可欠ですが、最悪、歯を失う事になる可能性が高いです 。

次亜塩素酸電解水治療

自己の免疫殺菌成分HClOを、高純度に活性化させた状態で歯周ポケット内に注入し、
白血球と同じ方法で歯周病原菌を瞬時に溶菌する最先端の治療方法です。

ご説明とご提案(インフォームド コンセント)
顕微鏡検査(ぺリオセーバー)顕微鏡検査(お口の中の細菌を採取し、患者様に顕微鏡で確認をしてもらいます)
高純度活性化HCIOを用いバイオフィルム破壊・溶菌
リンパ球・マクロファージの活性阻止
次亜塩素酸電解水治療で虫歯や歯周病の原因となる細菌はもとより、
細菌が出す毒素を全て取り除きます
顕微鏡検査(ぺリオセーバー)きれいになった口腔内を顕微鏡で検査します

歯周病菌は90日のサイクルで又、活動が活発になってきます。
お口の中をきれいに保つために定期的に行ってもらうことをすすめます。

ペリオウォーター

次亜塩素水をご家庭でお使いいただけるようになりました。
1日数回、10〜30秒程口に含みうがいをするだけで、殺菌水に触れた歯周病菌・虫歯菌を除去し、口臭などを軽減します。
これに含まれるのは体内の白血球と同じ殺菌成分ですので、ご家庭で安心してお使いいただけます。従来の洗口液とは違い微アルカリ性のため、歯への負担も少ないのがメリットです。
歯科医による処方が必要ですので、一般では販売しておりません。
ペリオウォーターのご購入は診察がなくてもご購入頂けますので、ご購入ご希望の方はスタッフにお申し付け下さい。

価格:2,500円(500ml)税別
   ※初回のみボトル代:500円

当医院で次亜塩素水治療を受けて頂いた方は2,000円(税別)となります。
なくなりましたら、空ボトルをお持ち下さい。

ペリオウォーター(次亜塩素水)の効果

歯周病の改善(歯周病菌や虫歯の菌を殺菌します)
ペリオウォーター(次亜塩素水)は体内の細菌と戦う白血球と同じ成分で構成されています。

口臭の軽減
口臭がきついとは誰しも言いにくいものです。自分では気づかない場合もあります。お仕事などでよくしゃべらなければいけない方は、お口の中が乾き口臭がきつくなりますので、お仕事中に行うのも良いでしょう。

ペリオウォーター(次亜塩素水)の使用期限

ペリオウォーターは生ものです。お家で行ううがいに一番適した状態にしてあります。
時間の経過と共に効果が半減してきますので、2〜3週間でボトルを使いきるようにお願いいたします。冷蔵庫に入れて保管して下さい。

※次亜塩素水ですので、衣類につくと変色する場合がありますので、ご注意下さい。
※家庭用の塩素系洗剤などでは代用できません。お口の中がただれますのでくれぐれも使用しないで下さい。

ペリオウォーター(次亜塩素水)をご利用の患者様の声

症例1:50代女性
数年前から奥歯がグラつき出血や痛みが出てきた為受診。顕微鏡検査で、歯周病菌の一種であるスピロヘータやトレポネーマ・デンティコーラ、真菌(カビ)のカンジタ菌が多く確認されたため、次亜塩素水治療で細菌を溶菌後、お薬を服用し、抗真菌薬による歯磨きを行ってもらう。数日後出血はなくなり、歯肉の改善がみられた。
その後は家庭用の次亜塩素水でのうがいを継続して行う。
1ヶ月後にはグラついて抜歯の可能性があるとされていた歯も安定してきた。

症例2:60代男性
歯周病で歯茎がブヨブヨになり、出血して来院。グラついた歯も多く、堅いものも噛めない。
顕微鏡検査で、数多くの歯周病菌とカンジタ菌が確認された。
次亜塩素水治療後、お薬の服用と歯磨きを一日4回行ってもらう。
一週間程で出血が収まった。その後は次亜塩素水でのうがいを継続的に行い、お口の中の粘ついた感じや口臭が消失した。
定期的な管理をし、数ヶ月後には堅いものも噛めるようになった。

歯周病はこれから一生付合っていかなければならない病気です。
いろいろな生活習慣病の一因となる歯周病のコントロールをしっかり行うことが、お口の中だけでなく、全身の健康につながります。
それには院兄での定期的なクリーニング、ホームケアを継続しておこなうことがもっとも大切です。
ペリオウォーターの追加購入は空ボトルをお持ち下さい。

医院案内 一般歯科 予防歯科 山形矯正インプラントオフィス
CT画像センター
ご予約・お問い合せ
ホームページ制作 仙台 ホームページ制作 東京